スカイ改め、新生イネオス始動。億万長者オーナーの素顔に迫る。
Photo by Foreign and Commonwealth Office on Flickr

旧スカイの新スポンサーINEOSのCEO、 ジム・ラットクリフ。

2018年時点での資産は約2兆円で、イギリスNo.1の資産家。

CEOを務め、自らが60%の株式を保有するINEOSは6.4兆円の年間売上高を誇り、従業員は22カ国に18500人いる大企業です。

一方で、あまり表には出てこずメディアには”Publicity Shy(人前に出るのが苦手)”とも言われるこの男(その割にはヨークシャーでは結構表に出てきましたが)

スポンサーがどんな会社か?はスポーツの本質ではないですが、興味本位で足跡をたどってみました。

スポンサーリンク

化学エンジニア、MBAをとって投資を始める。

Embed from Getty Images

1952年にイギリスで生まれたラットクリフは、現在66歳。

バーミンガム大学で化学工学を先行し、ESSOにて化学エンジニアとしてキャリアをスタートした後、ロンドン・ビジネス・スクールにてMBAを取得。マネジメントとファイナンスについて学びます。

それから数年後の1989年、ラットクリフはアメリカに拠点を持つプライベート・エクイティファンド(※)Advent Internationalに加入します。

※プライベート・エクイティ・ファンド:複数の投資家から集めた資金を元に、将来有望な新興企業や再建途上の企業などの未公開株を取得し、同時にその経営に深く関与して、企業価値を高めたあとに売却することで利益を得る会社

雇われ経営者、オーナーになる。

Embed from Getty Images

1992年。ファンドJohn Hollowoodに転籍したラットクリフは、BPの化学部門に対してBuy In(企業買収と同時に、外部から経営陣を招き入れて経営再建を行う手法のこと)を仕掛けるプロジェクトを始動。

そのためにInspecという名前の組織を設立します。

既に40歳になっていた。私のキャリアパスの中で、とても重要な分かれ道に立っていた。もし上手く行かなければ私は全てのお金を失い、キャリアもめちゃくちゃになっていただろう

1995年。プロジェクトは進展を迎え、InspecはBPの酸化エチレン事業およびグライコールl事業を7800万ポンド(110億円)で買いとったラットクリフは、経営の一角を占めるようになります。

更に3年後、1998年には、ベルギーのアントワープにある酸化エチレン工場を8400万ポンド(120億円)でBuy out(少数株主である経営陣や従業員が、金融機関の力を借りるなどして自社の株式を買い取り、企業の経営支配権を得る方法のこと)。

その工場経営のために、INEOSを会社として立ち上げます。

漢字多くてわかりづらいですね。

要するに、業績が悪化していたBPの化学部門の経営に、よそ者ラットクリフが助っ人として参入。そのうちの一つの工場の経営をするために、まるごと買い取ったということ。

工場をまるごと買い取ったから、どうしても会社が必要になった。それがINEOS(イネオス)。

同時にラットクリフは「雇われ経営者」から「オーナー経営者」となり、独立したわけです。

ちなみに、社名の語源は、Inspecの正式名称”Inspec Ethylene Oxide Specialities”の頭文字を取ったもの。

直訳すると「Inspec酸化エチレン専門」。

なんか…ダサい笑

もっとかっこいい語源もあります。

INEO=はじまり(ラテン)

EOS=ギリシャの神様(新しくイノベーティブななにかの幕開けを司る神)の名前

くっつけて”INEOS”。

なんか…かっこいい笑

絶対あとづけじゃん!というツッコミはぐっと抑えましょう。

大企業から、いらない事業を買いまくる。

Embed from Getty Images

INEOS創業後も、ラットクリフはハイイールド債(高利回りの債券のこと。一般的に信用格付が低く、元本割れが発生するリスクが高い分、利回りは高く設定されている)を用いて、ICIやBPといった大企業が手放したがっている事業を買っていきます。

その基準は、「5年以内に収入が2倍になるポテンシャルをもっていること。」

その後も事業の買収を続けたラットクリフは、創業から8年後の2006年、再び大きな動きをみせます。

BPから石油精製・化学製品部門のInnoveを90億ドル(1兆円)で買収し、スコットランド、イタリア、ドイツ、フランス、ベルギー、カナダの石油精製工場を手に入れたのです。

結果、INEOSの名は、世界に知られるようになります。

2008年からは世界不況により業績が落ちて、2010年には税金対策のためイギリスからスイスに本社を移したINEOS。

ライバル企業が倒産していくなか、それでも中国のPetrochinaや化学企業BASFとの合弁事業などにより生きながらえます。

2014年にはイギリス国内ではじめてシェールガス事業に参入。環境保護活動家とすったもんだを繰り広げます。

2015年には本社を再度イギリスに移転し、最近も新しい取り組みについて次々と発表。

2019年2月には、イギリスの石油ガス化学業界に対して、北海石油ガス開発の大動脈・Fortiesパイプラインのオーバーホール事業を含む10億ポンド(1500億円)の投資を発表。

INEOSの(かっこいいほうの)社名コンセプト通り、「常に新しいことを」というマインドを体現しているかのような怒涛の20年。

事業拡大はとどまることを知りません。

スポーツへの愛。

資産が最近になって急増したラットクリフは、次々とスポーツへお金をつぎ込んでいるようです。愛なのか、戦略なのかはわかりませんが、明確な意志とともに次々と資金を投入しています。

2017年、スイス・スーパーリーグの強豪チーム、FC Lausanne-Sportのオーナーに。

2018年、セーリングのチームIneos Team UKとパートナー提携。1.1億ポンド(160億円)を投資。豪華ヨットを所有しており、セーリング好きとして知られます。

Embed from Getty Images

2019年、チーム・スカイを引き継ぐ。
Embed from Getty Images
(フルーム(中央)、ブライルスフォード(右)との3ショット)

と、ここに繋がるわけですね。

もともと運動や旅行好きで、60歳の誕生日に南アフリカで90kmウルトラマラソンに参加したり、北極や南極へ旅行するアクティブな一面をもっているみたいですね。

最後に

Embed from Getty Images
(INEOSジャージに身を包むフルームとチームメイトたち)

最後にちらっと調べてみると、INEOSの株価は去年のピーク時から50%くらい落ちていて、株主であるラットクリフの資産は減っており現時点ではイギリスNo.1の金持ちではないです。

Forbesによれば、昨年3月から今年3月までにかけて総資産は1.8兆円から1.3兆円に減っています。その額しめて5000億円。

スカイ/イネオスの年間予算(50億円)の100年分が、1年で吹っ飛んでいることになるのです。

なんてことでしょう。ツール・ド・フランスの歴史に匹敵する数字を叩き出しました笑

ラットクリフの総資産は2017年から1年で8000億円増えてる(1兆円⇨1.8兆円)ので、このくらいの振り幅はそこまで特筆すべきことでもないでしょう。これが日常なら、彼にとって自転車チームの予算出すことなんて私達がiPhone買うみたいな感覚なんでしょうか。

参考ソース

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます