【2023】やっぱりシマノが強い?世界最高峰・UCIワールドチームの機材/パーツごとシェアまとめ

ロードレースの最高峰、UCIワールドチームの選手たちが使用する機材のパーツごとにシェアをまとめました。コンポだけではなく、ホイール、サドル、ハンドル、タイヤ、サイクルコンピューター、フレームなどもシェアをグラフ化。

Wiggleセール実施中 → クリアランスセール最大60%オフ

コンポ(グループセット)

2023年はユンボビスマがシマノからスラムに、コフィディスとUAEがカンパニョーロからシマノに変更。今年からワールドチームに昇格するアルケアとアルペシンはシマノ使用のため、今年は全18チーム中14チーム(前年比+2)がシマノユーザー。カンパニョーロはAG2Rのみに供給という勢力図になりました。

ホイール

フレームの次に目立つパーツがホイール。ここでもシマノが強さを誇りますが、ヴィジョン、ロヴァール、コリマなどおなじみのメーカーも複数チームに供給しています。ENVEがUAEと提携してワールドチームに復帰、またユンボヴィスマがシマノからリザーブに切り替えました。

サドル

サドルは相変わらずプロロゴフィジークセッレイタリアの3強がシェア争い。2022年から大きな変更はありません。

ハンドル周り

ハンドル周りの所謂フィニッシングキットは同系列のFSAヴィジョンが存在感を発揮。シマノパーツメーカーPROもそれに追随します。近年は各フレームメーカーがハンドル周りも合わせて作ることが多いことから、シェアもバラつく形に。

タイヤ

タイヤはコンチネンタルヴィットリアの2強。スペシャライズドピレリが2チームずつ、ミシュランカデックスが1チームずつ。

ペダル

ペダルはシマノルックの2強。Wahooと提携したスピードプレイが2チーム、そしてタイムが1チームです。

パワーメーター

パワーメーターシェア。コンポとセットで提供されるケースが多く、シマノ、そしてクオークと組んだスラムがメジャーシェア。EFとカンパ使用のモビスターはパワー2マックスを使用。

コンピューター

2023年はUAEがSRMからワフーに切り替え、さらにワフーユーザーのアルペシンがワールドチーム昇格となるためワフーがシェア首位に。ついにガーミンからトップの座を奪いました。

サングラス/アイウェア

個人ベースでスポンサードされるケースも多いのですが、基本はこのようなシェア。オークリー100%シーコン、そしてEkoiが合わせて過半数を占めます。長く提携を結んでいたオークリーとイネオスが袂を分かち、今季は新参メーカーSunGodとパートナーに。

ヘルメット

Ekoi、スペシャライズド、アバスがそれぞれ2チームずつに供給しています。新顔はFDJにアイウェアとセットでスポンサードを始めたJulbo、そしてアンテルマルシェのUvex

ウェア

アレが3チーム、残りは各1チームずつ共有。DSMはスポンサーである化学会社がナリーニとコラボして独自の素材を使用したウェアを用意。

フレーム

さて一番気になるフレームセットですが、、、まさに群雄割拠。スペシャライズドキャニオンのみ2チームに供給し、あとは全部1メーカー1チーム。2023年ハイライトはコフィディスがデローサからルックへ変更、またビアンキがArkeaスポンサードと共に3年ぶりワールドチーム復帰といったところでしょうか。

Wiggleセール実施中 → クリアランスセール最大60%オフ

参考ソース

 

―□

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます