【2023】ロードバイクアイウェア!プロ御用達サングラスおすすめブランド7選。
Photo by Glory Cycles on Flickr

毎年ワールドツアー各チームが使用する紹介するシリーズ、アイウェア(サングラス)編です。

Wiggleセール実施中 → クリアランスセール最大60%オフ

100% (ワンハンドレッドパーセント)

View this post on Instagram

 

A post shared by 100% (@ride100percent)


サガンなどスター選手にプロダクトを提供することで自転車界でのプレゼンスを確固たるものとした感のある100%。今年はBORAとモビスターに加え、トレックセガフレードへのスポンサードを開始しました。その特徴はなんといっても広い視野を確保するビッグレンズといかついフレーム。アメリカ・カルフォルニアに拠点を構えるアイウェアブランドが巻き起こしたビッグレンズブームはまだ続きそうです。Glendale、SpeedCraftシリーズ、S3シリーズなどが約200USD。

見た目もやる気も100%増し間違いなし。

>>Wiggleでさがす

>>Amazonでさがす

>>もっとくわしく

Oakley(オークリー)

View this post on Instagram

 

A post shared by Oakley Bike (@oakleybike)


アイウェア界の王者Oakley。スポンサードするチーム数は減っていますが存在感は健在。今年の提携先はスーダル・クイックステップ、そしてワールドツアーに昇格したアルべシン・ドゥクーニンクと主役級選手揃いのチーム。JawbreakerRadar EVといった定番はもちろん、Flight JacketSutroといったビッググラスデザインも外せません。定価はいずれも3万円程度ですが、デザインやモデルによってかなり値段にバラつきがあります。Wiggle等では定期的にセールをやってるのでお見逃しなく。

王道好きならオークリー。

>>Wiggleでさがす

>>Amazonでさがす

>>もっとくわしく

Scicon(シーコン)

View this post on Instagram

 

A post shared by Scicon Sports (@sciconsports)


高品質の空輸輪行用バッグで名を馳せたScicon。アイウェア分野に参入してからというもの、急速にプロトンで存在感を増しているブランドです。アスタナ、ジャイコ、UAEチームエミレーツにプロダクトを提供中。

100%にもオークリーにも優る存在感を。

>>Amazonでさがす

>>楽天でさがす

>>もっとくわしく

POC(ポック)


EFエデュケーション・イージーポストの選手たちはヘルメットと同様アイウェアもPOC。POCデザインが織りなすその独特の世界観にハマる人続出の伸び盛りスウェーデン発ブランド。ASPIREシリーズ、CRAVEシリーズ、DOシリーズが主なラインナップでいずれも3万円以上が相場。

北欧とモダンデザインが好きなあなたに。

>>Wiggleでさがす

>>Amazonでさがす

>>もっとくわしく

Rudy Project(ルディ・プロジェクト)

View this post on Instagram

 

A post shared by Matej Mohoric (@matmohoric)


バーレーン・ビクトリアスの選手たちは、ヘルメットと合わせてRudy Projectを使用。ヨーロッパで絶大な人気を誇るイタリア発アイウェアブランドは、老舗でありながら常に自転車やトライアスロン、陸上、ゴルフなど様々なスポーツの第一線で戦い続けていました。CUTLINEDEFENDERTRALYXが王道モデル。価格はいずれも2〜3万円。

Rudy Projectは生粋のサングラスメーカー。性能は間違いありません。

>>Amazonでさがす

>>もっとくわしく

Smith(スミス)


シトロエンのスポンサー合流と共にチームの使用機材が大幅に変わったAG2RシトロエンはSmithを使用。がんばれGVA。

>>Wiggleでさがす

>>Amazonでさがす

SunGod(サンゴッド)

View this post on Instagram

A post shared by SunGod™ (@we_are_sungod)


Oakleyと蜜月関係にあったイネオス・グレナディアーズが今年からSunGodを新たな提携先に。気になるニューカマーの登場です。

ワールドツアーシーンで光る、+7メーカー!

AGU(アグー)

オランダのAGUは新銀河系軍団のユンボビスマへのスポンサード継続。ウェアと合わせてフルセット、今年もこのチームの活躍は誰にも止められないでしょう。

EKOI(ウコイ)

サイクリングシーンで存在感を増すEKOIはコフィディスとアルケア・サムシックをスポンサード。トップモデルのPREMIUM 7でも1.2万円程度とリーズナブルです。カラーリングが自由にオーダーできるところが魅力。

SCOTT(スコット)

チームDSMの選手たちが使うのは、SCOTTのアイウェア。SCOTT乗りなら、サングラスもSCOTTにしてみてはいかがでしょうか。

Julbo(ジュルボ)

グルパマFDJは100年以上の伝統を持つフレンチメーカーJulboのサングラスを使用。チーム内には100%やオークリーを使う選手もちらほら見られますが、今年からはヘルメットとセットでのスポンサードと気合が入っています。

FORCE(フォース)

ワンティはチェコを拠点とするバイクメーカーFORCEブランドのサングラス&ヘルメット使用。

KOO(クー)

昨年までトレックセガフレードが使用。KASKのアイウェアブランドKOO。KOOは”KASK OPTICS”が名前の由来のこと。ビッグレンズモデルのDEMOS、やや小ぶりな一眼モデルOpen Cubeが人気で価格は2.5万円程度。

ASSOS(アソス)

NTTプロサイクリングの解散危機を短期間ながらも救いの手を差し伸べたプレミア感漂うメーカーです。フラッグシップのひとつ、ZEGHO G2 Interceptorはなんと約6万円。

Wiggleセール実施中 → クリアランスセール最大60%オフ

 

―□

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます