【2023】ワフーがガーミンを逆転!ワールドツアーチーム使用サイクルコンピューターまとめ。
Photo by Simon Connellan on Unsplash

ワールドツアーチームの使用機材をパーツごとにまとめてみるシリーズ第3弾はサイクルコンピューター。どのメーカーも、エントリーモデルからフラッグシップモデルまで値段と機能はピンキリ。必要最低限の機能のモデルを使っても、全機能付いてるモデルを使ってストイックになっても、はたまた高級なおもちゃとして使っても。

ワフー/ Wahoo

View this post on Instagram

 

A post shared by Wahoo (@wahoofitnessofficial)

トレックセガフレード、チームジャイコ、AG2R、コフィディス、UAE、ボーラハンスグローエ、アルペシン、DSM、EFエデュケーション・イージーポストが使用するのはワフー。アメリカ ジョージア州で創業したWahoo Fitness(ワフーフィットネス)が次々と魅力的な製品を生んでいます。

ガーミン/ Garmin

View this post on Instagram

 

A post shared by @garmincycling


アスタナ、ユンボビスマ、スーダル・クイックステップ、グルパマFDJ、イネオス・グレナディアーズ、バーレーン・ビクトリアス、モビスターと、多くのプロチームが使用するのはガーミン。およそ30年前に航空業界にて最先端のGPSナビゲーション製品をリリースしたのを皮切りに、航空、海洋、自動車へと事業領域を拡大していきました。

      ブライトン/ Bryton

      View this post on Instagram

       

      A post shared by Bryton Inc. (@brytonsport)


      アンテルマルシェ・ワンティゴベールが使用するのはブライトン。GPSを搭載した一般電子製品を開発生産する台湾の企業で、カーナビなどを手掛ける大手GPS関連企業から独立した社員が立ち上げました。

      その他、近年ワールドツアーシーンに登場したメーカー

      エスアールエム/ SRM

      自転車用パワーメーターの先駆者的存在であるドイツのメーカー、SRM。1986年にUlrich Schobereがスパイダーアーム式クランク用の世界初となるパワーメーターを製造し、特許出願をしたことからパワーメーターの歴史は始まりました。

      ハンマーヘッド/ Hammerhead

      イスラエル・スタートアップネイションが使用していたHammerhead。ブラックインクもしかり、イスラエルはユニークな製品を使うイメージです。AndroidをOSとする高機能デバイスはGarminやWahooに太刀打ちできる存在になれるのか。

      ひとりごと

      私が使ってるのはガーミンForeAthlete 920XTJ(後継モデルはForeAthlete 935945)。あ!セールしてる!ガーミン有名だし性能は大丈夫でしょ!という感じで買って今まで文句はまったくありません。その前はPOLARのM400(後継モデルはM430使ってました。そちらも特に文句はありませんでしたが、スイムに対応してないのとバッテリーが10時間以上持ちそうになかったので、アイアンマン出るタイミングで「バッテリー切れる前に走り切る実力をつけるか」「新しいの買うか」という選択を迫られた私は迷う間もなく「新しいの買う!」とポチりました。次はEdge 530か、それともまたForeAthleteにするか、かれこれ2年半くらい迷い中。

      >>Wiggleでサイクルコンピューターをさがす

      参考ソース

       

      ―□

      スポンサーリンク

      Twitterでもタイムリーにつぶやいてます