アメリカ発祥定番ブランドGIRO(ジロ)【2021ロードバイクヘルメット】
Photo by Ronan Caroff on flickr

アメリカ発祥の定番ヘルメットGiro。2021年はグルパマFDJ、チーム・バイクエクスチェンジにプロダクトを供給。新モデルHELIOSが投入されています。

スポンサーリンク

AETHER

View this post on Instagram

 

A post shared by Giro Cycling (@girocycling)


波のようにうねるフォルムが特徴のベンチレーションタイプ・モデル。ギリシア神話に登場する原初神のひとり、天空神エーテルの名を冠します。HELIOS登場後の今もこのモデルと併用している選手が数多くいる様子。

HELIOS

View this post on Instagram

A post shared by Giro Cycling (@girocycling)


新モデル!エーテルに呼応するように、名付けられた名前はヘリオス。ギリシャ神話ティーターンの後裔のひとりであり、太陽神でもあります。未発売エアロモデルも実践投入されており、推測ですがこのモデルのフレームをベースにしている模様。

VANQUISH

View this post on Instagram

 

A post shared by Giro Cycling (@girocycling)

多くのスプリンターが着用していたエアロモデルのVanquish。征服する、打ち負かすというマイティ―な意味をもつ言葉です。今年はHeliosのエアロモデルが投入されている模様。

SYNTHE

View this post on Instagram

 

A post shared by Giro Cycling (@girocycling)

流れるように前から後ろに走るスレッドが特徴のSYNTHE。ATHERとともに長寿モデルとなりつつあるモデルです。おそらくSynthesisからアイディアを獲ったネーミングで、シンセサイザーのことを単にシンセ(Synthe)と呼ぶこともあるんだそう。

ソース

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます