ありがとうファビオ・アル。ヴェルタを最後に現役引退したアルの軌跡を振り返る。
Photo by Georges Menager on Flickr

ファビオ・アルが引退。グランツール全てでステージ優勝、2015年のヴェルタでは総合優勝もしてスカルポーニや二バリと共にイタリアを代表する総合系ライダーとして活躍。ここ数年は不調に苦しみながら、今年はキュベカに移籍して少しだけ復活の兆しがみえたなかでの発表でした。先日のヴェルタで無事完走し、笑顔で引退したファビオ・アルの約10年を写真とコメントで振り返ります。

スポンサーリンク

笑顔で引退

Grand Tours are like that, One day you feel good, and the next day a bit less, but we'll keep smiling.
グランツールというのはそういうものだ。ある日は調子が良くて、次の日はそうでもない。だけどぼくらは笑顔でい続けるんだよ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Team Qhubeka NextHash (@qhubekaassos)

UAE移籍と不調と批判と

They were difficult years and I suffered a lot but they also taught me to be in the world, because life isn't only success, there are also setbacks, and you have to overcome them
難しくとても苦しんだ数年だったけど、この世界について多くを教えてくれた日々でもあった。人生は成功だけじゃなくて挫折があり、それを乗り越えていかなければいけないんだ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Fabio Aru (@fabioaru1)

トリコロールを背負って

When I got back on my bike after the injury that prevented me from riding the Giro starting in Sardinia, thinking of the Tour de France put a smile back on my face.
サルディーニャでスタートするジロを怪我で不意にしたあとで、再び自転車にまたがったとき、ツールドフランスについて考えたら笑顔を取り戻すことができたんだ

View this post on Instagram

 

A post shared by Fabio Aru (@fabioaru1)

ヴェルタ総合優勝

Today a dream came true, a dream I’ve had since I was a child
今日は夢がかなった。子供のころからの夢だ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by La Vuelta (@lavuelta)

スカルポーニとニバリと。

I'll cheer for my team-mates, Michele Scarponi in the first place. But dear Vincenzo, I sincerely hope that too you can do well, maybe allying with 'Scarpa' or with the other strong Italians, there are many, to see the tricolor flag waving higher than the others in Piazza Duomo in Milan.
僕はまずチームメイトのミケーレ・スカルポーニを応援する。でもヴィンチェンツォ、僕はあなたにも最高の走りをみせてほしい。ミランでトリコロールの旗が他よりも高いところではためくことを目指して。もしかしてだけれどもスカルポーニや他のイタリア選手と協力したりしてね。

View this post on Instagram

A post shared by Fabio Aru (@fabioaru1)

View this post on Instagram

 

A post shared by Fabio Aru (@fabioaru1)

鮮烈なデビューとたくさんの勝利

 A lot of what I have achieved since those days is just a consequence of all my hard work and training and all those lessons about sacrifice and the art of winning that I experienced in my time at Palazzago.
僕が遂げたことのほとんどは(本格的にロードレースを初めて拠点となった)パラッツァーゴで過ごし積み重ねてきた日々の結果だ。ハードワークとトレーニング、犠牲と勝利する技術についてのレッスン、そうした経験の全てのね。

View this post on Instagram

 

A post shared by Fabio Aru (@fabioaru1)

コンタドールに憧れて

As an Italian, Pantani in particular is like a symbol to me, a really great rider who everybody appreciated. But to be honest, my idol – the guy I aspired to be like – was Alberto Contador.
イタリア人として、パンターニは象徴的な存在だし皆の尊敬を集める選手だけど、正直に言えば僕にとってのあこがれはアルベルト・コンタドールだった。

View this post on Instagram

 

A post shared by Fabio Aru (@fabioaru1)

サルディーニャに置き忘れてきたもの

In the end, it's that I left Sardinia many years ago, when I was very young, and my family is still there. There are a lot of things linked to one another.
結局のところ、何年も前に僕がまだ小さいころサルディーニャに置き忘れてきたものなんだ。いろいろなものが互いに繋がっている。

View this post on Instagram

 

A post shared by Fabio Aru (@fabioaru1)

フェアウェル、ファビオ・アル。

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます