北欧デザイン。BLIZ(ブリズ)ロードバイクサングラスざっくりガイド
Photo by Cs-wolves on Wikimedia Commons

今回は、2007年創業ながら短期間で知名度を伸ばしたBLIZというスウェーデンのメーカーについてご紹介。アスタナチームは各選手別のサングラスを着用している模様なのですが、WT開幕戦ツアーダウンダンダーにて、いつもヘルメットにコアラをつけていることで有名なボアロはBLIZを使用。

スポンサーリンク

Matrix

Embed from Getty Images

ビッグレンズで確保する広い視野。そして大きなレンズに熱と湿気がこもらないよう、上部フレームとレンズとの間にはエアスクープが施されています。税抜き15,000円。

外部レビュー記事

Fusion

View this post on Instagram

 

A post shared by Blizeyewear (@blizeyewear) on


2019新作フラッグシップモデル。下のフレームは色違いがもとから付属していて付け替え可能なんだとか。テンプル、ノーズとともに調整可能。Visionというデザインがほぼ同じのアジアンフィットモデルもあり、こちらはアダプターをつければ度付きサングラスとしても利用可能。税抜き18,000円。

外部レビュー動画

    Motion

    View this post on Instagram

     

    A post shared by Blizeyewear (@blizeyewear) on

    税抜き5,500-8,000円のエントリーモデル。

    外部紹介動画

    Ace

     

    View this post on Instagram

     

    A post shared by Blizeyewear (@blizeyewear) on

    最後にカジュアルモデルをご紹介。27gと軽量なのでちょっとしたアクティブな活動の際にも使えそう。

    外部紹介記事

    ひとりごと

    FusionとMatrix、いいですね。北欧デザインという言葉に弱い。

    スポンサーリンク

    Twitterでもタイムリーにつぶやいてます