KASKの流れを汲む。KOO(クー)ロードバイクサングラスざっくりガイド
Photo by FGphotographic on Wikimedia Commons

ヘルメットで有名なKASKが手掛けるアイウェアブランド、KOO。トレック・セガフレードの男女チームに数年前からスポンサードしています。

スポンサーリンク

DEMOS

Embed from Getty Images
2020年に登場したビッグレンズモデル。

OPEN

View this post on Instagram

 

A post shared by KOO Eyewear (@koo_world) on


KOOのファーストプロダクト。アームを上下に回転できるのがウリなんだとか。レンズの傾き調整によるアクティブベンチレーションを採用。

OPEN CUBE

Embed from Getty Images

今年も勿論ですが、昨年まで多くの選手が着用していたのがこちらのOPEN CUBE。OPENの下フレームがないハーフフレームモデル。コンタドールにもスポーンサードしており、エベレスティングチャレンジの時もKASK PROTONE+KOO OPEN CUBEで挑んでいました。

KOO ORION

Embed from Getty Images

ファビオ・フェリーネが2019年のツールでつけていたのがORION。アームの長さ調整可能で、トレック時代の別府選手もよくこちらを着用していた印象。

ひとりごと

今でも耳にのこるはこのCM。

のんだら、こういっちゃうよ。

クー。

>>AmazonでKOOのサングラスをさがす

参考ソース

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます