ワールドツアーチーム使用サドルまとめ。プロロゴ、フィジーク、セッレイタリアの3強が三つ巴のシェア争い。
Photo by Simon Connellan on Unsplash

ワールドツアーチームの使用機材をパーツごとにまとめてみるシリーズ第2弾はサドル。

ロードバイク機材選びで意外と難しいのがサドル。私は「尻が痛いのにサドルを言い訳にするな。尻を鍛えれば万事解決なり」というポリシーを持っていたのですが、もうそういう時代じゃないので自分に合うものを使いましょう。もちろん尻を鍛えて正しいフォームで乗ることも大事です。

プロが使ってるから!といって万人に合うとは限らない曲者なサドルですが、気になるメーカーがあればお試しあれ。


(プロロゴが5チーム、フィジーク、セッレイタリアが各4チームに供給。絶妙なパワーバランスでトップチームのシェア争い)

スポンサーリンク

Embed from Getty Images
アスタナ、バーレーンマクラーレン、EFプロサイクリング、グルパマFDJ、UAEはプロロゴを使用。2006年創業以来、プロシーンを席巻してきたサドル専門の会社。30年以上サドル開発に携わってきたルバトーレ・トゥルーリオ氏が率いています。

フィジーク(Fizik)

Embed from Getty Images
AG2R、モビスター、イネオス、ユンボビスマは1956年創業の老舗Selle Royal社が1997年にローンチしたブランド、フィジークを使用。アリオネをはじめとした定番のサドルを作り続けてきました。

セライタリア(Selle Italia)

Embed from Getty Images
コフィディス、イスラエル・スタートアップネイション、ロットスーダル、NTTプロサイクリングは110年以上の歴史を持つ王道メーカー、セライタリアを使用。穴あきサドルなど、革新的なアイディアを継続的に生み出してきました。

S-WORKS

Embed from Getty Images
ボーラハンスグローエ、デュクーニンクはスペシャライズドオリジナルパーツを使用。

ジャイアント(GIANT)

Embed from Getty Images
CCCはジャイアントオリジナルパーツを使用。

シンクロス(SYNCROS)

Embed from Getty Images
ミッチェルトンスコットはスコットオリジナルパーツを使用。

プロ(PRO)

Embed from Getty Images
サンウェブはシマノがプロデュースするパーツ総合ブランドPROを使用。

ボントレガー(Bontrager)

Embed from Getty Images
トレックセガフレードはトレックのオリジナルパーツを使用。

参考ソース

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます