自転車の国ベルギーで100年を超える歴史LAZER(レーザー)【2021ロードバイクヘルメット】
Photo by filip bossuyt on flickr

ヘルメットが本業というこだわりを信頼したい人に。ベルギールーツのメジャーサプライヤーで、日本ではシマノが総合代理店をつとめアジアンフィットを売りにしています。1919年にツール・ド・フランドルに勝利したアンリ・ファン・レルベルへによって設立されたブランドの歴史は100年超え。

スポンサーリンク

GENESIS

View this post on Instagram

 

A post shared by Lazer Sport (@lazersport)

ユンボビスマはじめトッププロチームが山岳コースなどで使用し存在感を放つこのモデルはGENISIS。EUのヘルメット安全規格EN1078をクリアしている軽量デザイン。

BULLET

View this post on Instagram

 

A post shared by Lazer Sport (@lazersport)

セミエアロモデルといえばこのBULLET。「AIRスライドシステム」なる切り替えでエアロにもベンチレーションにもできる。

CENTURY

View this post on Instagram

 

A post shared by Lazer Sport (@lazersport)

最新モデル。USB充電式のLEDリアライトが標準装備されており、夜のライドや通勤ライドにも最適です。

Z1

View this post on Instagram

 

A post shared by Lazer Sport (@lazersport)

GENISIS前のフラッグシップモデル。かつては「ゴリラ」グライペルやマチュー・ファンデルプールなど多くのスター選手の頭部を守ってきた。現在日本での取り扱いはない模様。

SPHERE

View this post on Instagram

 

A post shared by Lazer Sport (@lazersport)

上記フラッグシップからはやや価格を抑えるため、余計なギミックは取り除き、かつ高級感のあるスマートな流線型のフォルムを実現。別売のエアロシェルを追加で購入すればエアロモデルとしても利用可能。

LAZERヘルメットを…

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます