ロンド・ファン・フランデーレンの走行データをまとめました!

概算パワー、およびパワーウエイトレシオはあくまで目安です。

スポンサーリンク

アレクサンダー・クリストフ(78kg)

Embed from Getty Images

集団の頭をとって3位に入ったマッチョマンの平均速度は(おそらくアップかダウン込で)41km/h、最大82km/h。平均ケイデンスは84。

最後のスプリントでは1200W(15.4W/kg)を出していたと概算されます。

グレッグ・ヴァン・アーベルマート(74kg)

Embed from Getty Images

サガンと双璧をなす男・GVA。

今年はサガンともども精彩を欠いていますが、それでも10位にランクイン。

2kmのクルイスベルグの坂を平均速度27.3km/hで駆け上り、概算された平均パワーは381W(5.15W/kg)、最大で928W(12.5W/kg)。

平均ケイデンスは86。

アレハンドロ・バルベルデ(61kg)

Embed from Getty Images
38歳にして初出場!そして8位。

おじさんになっても新境地を開拓し続ける世界チャンプはパワーデータも全公開。

平均パワーは232W(3.8kg/W)、平均ケイデンスは84。

コッペンベルグからターインベルグまでの激坂3連続区間8.4kmを平均時速35km/h、平均パワー300W(4.92W/kg)、最大907W(14.8W/kg)で駆け抜けました。

オリビエ・ナーセン(71kg)

Embed from Getty Images

ミラノ・サンレモでもトップ争いを繰り広げたAg2rのナーセンは7位。

バルベルデと同じく、パワーデータを惜しげもなく公開しているベルギーの星。

平均パワーは221W(3.11W/kg)…と思ったらクールダウンも含まれてるっぽいのでレース平均は謎。

平均ケイデンスは87。

アルノー・デマール(78kg)

Embed from Getty Images
(写真はヘント〜ウェヴェルヘム)

ファンマルクやデゲンコルフ、スティバルなど、他の強豪とともに2分20秒遅れの集団でゴールしたグルパマFDJのフレンチ・スプリンターのデマールもパワーを公開。

平均パワーは261W(3.34W/kg)、平均ケイデンスは88。

ちぎられたあとの最後の坂、パテルブルグ(約400m、平均勾配12%)は平均437W(5.6W/kg)、最大828W(10.6W/kg)で踏み切り。

先頭にいないからといって、TVに写ってないからといって、気抜いて走ってるわけじゃないんです。

最後に

ちょいちょい誤作動っぽい値があってなんともいえない、そして概算はあくまで目安、という点を加味しても…

すんごい。

参考ソース

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます