Photo by James Giddins on Unsplash
Photo by James Giddins on Unsplash

ヴェルタ・ア・サンファンでワールドツアーデビューを果たした19歳、エヴェネプール(イヴェネプールとも)の活躍が光っています。

そのエヴェネプールに負けず劣らず世界が注目する天才少年が、実はイギリスにもいます。

トム・ピッドコック19歳。人呼んで「ミニ・サガン」。

ウィギンスのロード/トラック育成チーム"Team Wiggins Le Col"とイギリスお墨付きシクロクロス育成チーム”TP Racing”をかけもちで所属。

身長は、なんとたったの157cm。まさにミニ。

イギリスの将来を背負って立つと言われるピッドコックについてまとめました。

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

生粋の自転車少年、ピッドコックの輝かしい実績

1999年の夏、イギリスのLeedsで生まれた少年の初レースは8歳の時。400mのスクラッチレースだったそうです。

それからずっと自転車に乗り続けてきたピッドコックは語ります。

僕はいつだって真剣だった。なぜってレースで勝ちたかったから。14歳以下のときだって、僕はトレーニングをしていた。両親はそんなに真剣になるなと心配してたみたいだ。

トレーニングじゃなくても自転車に乗ったよ。学校にはずっと自転車で通ってたし、BMXパークでトリックを練習したりね。ただ楽しかったからやってた。

トム・ピッドコック

地元のレースで勝ちを積み重ねたピッドコックが世界レベルで注目されるようになったのは3年前のこと。

怒涛の日々が始まります。

2016年 シクロクロスにおいて、ジュニアのイギリスチャンピオン、ヨーロッパチャンピオン、世界チャンピオンとタイトルを総なめに。

Embed from Getty Images

2017年 個人TTジュニア世界選手権で優勝。パリ~ルーベのジュニアレースでも勝利をさらう。トラックでも才能を発揮し、スクラッチレースでジュニアイギリスチャンピオンとなる。

Embed from Getty Images

2018年 直前で出場が決まったツアー・オブ・ブリテンで、強豪ひしめくなか総合17位。さらにシクロクロスのU23ヨーロッパチャンピオンの座を奪取。

Embed from Getty Images

2019年 シクロクロスのイギリスチャンピオン(エリートカテゴリー)に輝く。今週末にはU23世界選手権に出場予定。

Embed from Getty Images

…強い。まだ10代の選手の経歴とは思えません。

また、こうしてみると、シクロクロスを中心にはしているものの、その活躍の場はシクロクロスに限らず、ロードレースやTT、トラックと幅広いことがわかります。

多方面で才能を発揮するサガンと並べても、クイックステップのエヴェネプールと比べても、引けを取らない字面が並んでいます。

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます