Photo by louis tricot on Unsplash
Photo by louis tricot on Unsplash

2018年も終わりが近づいてきました。世界各国のレースシーンも、25日にコスタリカで開催されたカテゴリー『2』のレースを最後に、ついに終りを迎えました。(むしろ、まだやってたのか。)ということで、今一度2018年を振り返ってみましょう。

今回紹介するのはUCIカテゴリー『1』以上のレース(※カテゴリーについては下記を参照。ツアー・オブ・ジャパン以上のレベルのレースといえばいめーじがつきやすいでしょうか。)での勝利数ランキングです。勝利数が同じ場合は、2着の数が多い方をランキング上位としています。
UCIレースのカテゴリーとは?

UCIが定めているロードレースのグレードは、下から『2』、『1』、『HC』、『ワールド・ツアー』 という4段階となっていて、例えば、日本の主だったレースは以下のようなカテゴリーとなります。

ワールド・ツアー
○該当レースなし
HCクラス
○ジャパンカップ
1クラス
○ツアー・オブ・ジャパン
2クラス
○ツール・ド・熊野
○ツール・ド・北海道
○ツール・ド・おきなわ

日本にはまだない、世界最高峰のレース『ワールド・ツアー』の2019カレンダーは以下記事をチェック!

サイモン・イェーツ(8勝,イギリス)

Embed from Getty Images
ヴェルタを制したサイモン先生がTOP10にランクインです。この8勝、全てがステージレースでのステージ&総合優勝。3月のパリ〜ニースを皮切りに、5月のジロ、9月のヴェルタと一年間安定した成績を出した結果が数字となって現れています。

ピーター・サガン(8勝,スロバキア)

Embed from Getty Images
今年、パリ〜ルーベ初勝利という念願の栄冠を手に入れたサガン。ツールでも3勝と相変わらずの強さを見せつけたシーズンでした。ヴェルタでは2位が4回、3位が2回と惜しいところで勝利を逃したこともあり、シーズン後半で勝利数が伸び悩み、昨年12勝、一昨年14勝に比べると勝利数だけで言えばやや物足りない結果に。来年も期待です。

ミハウ・クフャトコフスキ(9勝,ポーランド)

Embed from Getty Images
ツール・ド・ポローニュ(ポーランド)、ティレーノ~アドリアティコ(イタリア)などの中規模ステージレースの総合優勝をかっさらったクフャトコフスキが、ライバルのサガンを抑えて9勝をあげました。

アルノー・デマール(9勝,フランス)

Embed from Getty Images
カテゴリー『1』のTour Poitou-Charentesというレースで第1〜5ステージ全勝利+総合優勝という完全勝利を遂げた結果勝利数6を荒稼ぎ。パリ〜ニース、ツール・ド・スイス、ツール・ド・フランスのステージ勝利と、要所要所で結果を残す男が7位にランクイン。

フェルナンド・ガヴィリア(9勝,コロンビア)

Embed from Getty Images
シーズンイン前の南米レースで4勝をあげた勢いそのままに、ツアー・オブ・カリフォルニアで3勝、ツールでも2勝と、サガンに「これからの時代のスター・スプリンター」と言わしめたガヴィリア。来シーズンでのさらなる活躍が期待されます。

パスカル・アッカーマン(9勝,ドイツ)

Embed from Getty Images
ドイツ選手権に優勝し、ツール・ド・ロマンディやドーフィネ、ポローニュなどの中規模ステージレースでのステージ勝利やHCカテゴリーのワンデイレース勝利を積み重ね、9勝をあげた24歳のドイツの新星。昨年は0勝だったため、今年は大躍進の年と言っていいでしょう。BORAには良いタレント揃ってますね。

ジュリアン・アラフィリップ(12勝,フランス)

Embed from Getty Images
フレシュ・ワロンヌの勝利、ツールでのステージ2勝(+山岳賞)とサガンやクフャトコフスキと同様にマルチな才能を発揮する26歳のフランスの星。そのライディングスキルの高さはサガンと双璧を成します。

ディラン・フルーネヴェーヘン(14勝,オランダ)

Embed from Getty Images
カテゴリー『1』『HC』で10勝を荒稼ぎした上で、パリ〜ニース1勝、ツール2勝としっかり勝ちきった男が14勝をマーク。昨年のシャンゼリゼで金星をあげたオランダの若者の勢いは今年も健在でした。

アレハンドロ・バルベルデ(14勝,スペイン)

Embed from Getty Images
2月のバレンシア一周レース(カテゴリー1)、3月のカタルーニャ一周レース(ワールドツアー)で並み居る強豪を抑えて総合優勝。シーズン中盤はカテゴリー1のレースで2勝を挙げたほかはぱっとしませんでした。しかし、その後調子を盛り返しヴェルタでステージ2勝。その勢いのまま、12回目の出場となった世界選手権で念願の初優勝。振り返れば14勝と、最強のオヤジの称号を欲しいままにしています。

エリア・ヴィヴィアーニ(18勝,イタリア)

Embed from Getty Images
ドバイツアーでの2勝+総合優勝からはじまったビビアーニの2018シーズン。その後さらにジロで4勝、ヴェルタで4勝と、調子が衰えることなく1年間コンスタントに勝利を積み重ねたイタリアのエーススプリンターが勝利数トップに立ちました。やはり、スプリンターは波に乗ると手がつけられないですね。

チーム別のランキングは以下記事をチェック⇓

参考サイト: ProCyclingStats.com

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます