「一番のゴールはアルデンヌ。総合はまだ考えてない」今年大躍進のマルク・ヒルシが目指す先
Photo by Granada on Wikimedia Commons

カテゴライズ不可能なニュータイプの選手が次々と現れているロードレースシーン。

今年大ブレイクを果たしスターの仲間入りをしたマルク・ヒルシもその一人です。2018年にU23世界選手権優勝、2019年エヴェネプールが勝ったクラシカ・サンセバスチャンで3位。そして今年はツールでのステージ勝利と総合敢闘賞、世界選手権3位、フレッシュ・ワロンヌ優勝、リエージュ~バストーニュ~リエージュ2位と飛躍。

彼が来年、そしてその先に目指すものとは。

スポンサーリンク

「一番のゴールはアルデンヌ。総合はまだ考えてない」

Embed from Getty Images

“The first goal is the Ardennes, and they’re the main thing,” Hirschi said. “From there I’ll have to see. One for sure will be the Olympic Games, but first I want to focus in full on the classics. Grand tours are more of a long-term project. I don’t think in the next years I’ll ride for GC … it needs some time. I want to focus on where I’m good, like one-day races. I want to win more of them first.”

一番のゴールはアルデンヌだ。その先はまだわからない。もちろんオリンピックも目標だけど、まずはクラシックに集中したい。グランツールはもっと長期的な目標になる。しばらくは総合は狙わないだろうね、時間が必要だから。ひとまず今自分が得意な事、つまりはワンデーレースに集中したい。そこでたくさん勝ちたいんだ。

錚々たる顔ぶれの中で勝ち取ったフレッシュ・ワロンヌと、あと一歩勝利に届かなかったリエージュ~バストーニュ~リエージュ。レース内容・リザルトともに充実した今年のアルデンヌ・クラシックを終え、来年も狙っていくというのは自然な流れです。今年はキャンセルとなってしまったアムステル・ゴールドレースも彼向きのレースと言えるでしょう。

ただし、今はクラシック向きの選手のように見える一方で、何せまだ若いですからこの先どう成長していくのかは未知数。ヒルシが狙えそうなレースは上げればきりがありませんが、ステージレースの総合成績も追い求めるのかという問いには慎重な答えです。つい先日、ツールで強力な山岳アシストを見せたワウト・ファンアールトが、来年は1週間程度のステージレースも狙うと発表。いずれヒルシも、、と思いを巡らすファンは少なくないでしょう。

「バルデの加入は楽しみ」

Embed from Getty Images

Es ist großartig, jemanden wie Romain im Team zu haben. Er hat eine andere Sicht auf den Radsport, davon können wir gegenseitig profitieren. Neue Fahrer sind immer gut, denn sie bringen neue Ideen und Input in eine Mannschaft. Mit Romain haben wir eine weitere Karte, die wir ausspielen können. Ich hoffe, dass wir wieder in die Form von diesem Jahr kommen und genauso erfolgreich sind. Ich bin jedenfalls optimistisch.

ロマン(バルデ)のような選手がいるのは素晴らしいことだ。僕らと異なる視点を持っているだろう。新しいアイディアをチームにもたらすという意味において、新選手の加入はいつだって良いことだ。カードも一つ増える。今年と同じくらいの成功を収めることができたらいいね。どちらにせよ僕は楽観的だ。

所属チームのサンウェブには、来季からフランス屈指の総合系実力者ロマン・バルデが加入します。チームにフィットするのかどうか疑問を呈する声も多くある中、ヒルシは至ってポジティブなコメントを残しました。サンウェブ劇場とも呼ばれた一つの完成形に新たな風をもたらすことができるのか、それともバラバラのカードとなってしまうのか。

ヒルシとサンウェブは、来年も要注目の存在となりそうです。

参考ソース

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます