マチュー所属のアルペシン・フェニックス、来年のグランツール出場へ?
Photo by EliasRom2005 on Wikimedia Commons

マチュー・ファンデルプールが所属するプロチーム、アルペシン・フェニックスの2021年グランツール出場が濃厚と英Cyclingnewsの報道。おお!と心が動いたので情報を整理しました。

スポンサーリンク

現時点でUCIチームランク11位

Embed from Getty Images
グランツール出場がほぼ確定とされる理由が、今シーズンのUCIチームランキング。何を隠そう、マチュー・ファンデルプールの活躍もあってワールドツアーチームに食い込み、10月27日時点で11位と大健闘しているのです。チームランキングからプロチームだけを抜粋したのが以下リスト。

11位 アルペシン・フェニックス 4788pt

14位 アルケア・サムシック  3697pt

18位 サーカス・ワンティゴベール来年はCCCのライセンスを継承しワールドツアーチームに2778pt

23位 NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンス 1553pt

24位 トタル・ ディレクトエネルジー 1402pt

もちろんそのポイントの半分近くをマチュー・ファンデルプールが稼ぎ出しているわけですが、ベルギー王者ティム・メルリエもティレーノやビンクバンクツアーのステージ優勝をはじめスプリントで好成績を連発しており、チーム全体としてワールドツアーチームに引けをとらない成績を残した大成功のシーズンとなりました。

今年の主要UCIレースは現在開催中のヴェルタで終わり。ヴェルタに出場しているプロチームはトタル、カハルラル、ブルゴスBHですが、上位まで浮上してくる可能性はほぼありません。

UCIレースのカテゴリーやチームのカテゴリーについては以下参考

UCI規定にはこう書いてある

Embed from Getty Images
(チームのもう一本の柱、ティム・メルリエ)

なぜこのランキングが重要かというと、上位チームは自動的にワールドツアーレースに招待されるから。

UCIの規定では、例えばワールドツアーチームが18だった場合、グランツールおよびその他のワールドツアーステージレース主催者はUCIチームランキングで上位2つのプロチームを招待することが義務付けられているのです。(UCI公式レギュレーション参照)

スポンサー降板が決まってしまったNTTの命運によって来年のワールドツアーチーム数が18になるのか19になるのか決まるということですが、いずれにせよプロチームの中でランキングトップのアルペシン・フェニックスはグランツール招待権を得ています。

2020年のワールドツアーチームは19チーム。例えばツールドフランスでは、2019年UCIチームランキングでプロチームの中ではトップだったトタル・ ディレクトエネルジー1チームだけが招待の義務付け対象でした。さらにランキングには関係なくアルケア、B&Bホテルズの2チームがワイルドカードでの招待出場。

アルペシン・フェニックス首脳陣の判断やいかに

Embed from Getty Images
(UAEからジャスパー・フィリプセンを獲得)

来年に向け、新鋭スプリンターのジャスパー・フィリプセン獲得など戦力強化を続けるアルペシン・フェニックス。

いずれのレースも招待されるだけなので、選手のやりくりなどを考えてチームが出場辞退ということもあり得ます。マチュー・ファンデルプール自身もMTBで東京オリンピックに出場したいと以前話していたこともあり、才能あふれる逸材ゆえの贅沢な悩みがあるのも事実。

パリ~ルーベ、ツール、オリンピック、MTB…。来年開催の可否や日程も含め、まだまだ先が見えない状況。何はともあれ、公式発表を待ちましょう!(待てずに記事書いてしまいましたが)。

余談ですが、今年のNIPPOはトタルやB&Bホテルズよりもランキング良いので、もしかしてツールにワイルドカードで出れるんじゃないか?などと期待をしてみたりもしているのです。

参考ソース

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます