POC(ポック)サングラスざっくりガイド
Photo by G.Garitan on Wikimedia Commons

北欧デザイン、POC。今年はEFプロサイクリングにアイウェアを供給するスウェーデンブランドのモデルをまとめ。

丸みのあるビッグレンズ。流行の先駆け的存在のユニークさは今も健在です。

スポンサーリンク

AIM

View this post on Instagram

 

A post shared by POC (@pocsports) on


おそらく2020新モデル。下フレームを取り去ってその部分の視野を確保。

外部レビュー記事

ASPIRE

Embed from Getty Images

CRAVEの派生モデル。POCコレクションの中でも最もワイドなフレームで大きな視野を確保。

外部レビュー記事

CRAVE

Embed from Getty Images

広い視野を確保。

外部UNBOXING動画

DO (HALF/BLADE)

Embed from Getty Images

POCが認知され始めたときに主力だったマイルストーン的なモデルがDOシリーズ。HALF、BLADE、FLOWなどがあります。2眼、小さめ&普通サイズのレンズがまだまだ主流だった時代にビッグ&強めミラーレンズの先進的なデザインが注目を集めました。

外部UNBOXING動画

DEFINE

View this post on Instagram

 

A post shared by POC México (@pocmexico) on


カジュアルモデル。

ところで

スウェーデンといえばIKEA。

アメリカではアイケア、イギリスではイケアと発音するらしい。スウェーデン本場での発音はイケア。動画によればアメリカは英語っぽく、イギリスはブランドに北欧感をだしたがっているのではとのこと。CEOは英語でしゃべるときはアイケア、スウェーデン語で話すときはイケアと使い分けるんだとか。

つまり、てきとうで良いということですね!(違う)

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます