まずはこの21選手を押さえればOK!アベンジャーズで観戦初心者向け選手紹介
Photo by marvelousRoland on flickr, s.yuki on wikimedia commons

コロナ禍でSTAYHOMEをしている最中に、アベンジャーズシリーズ全23作品を初めて最初から最後までコンプリート。派手なアクションで何の深みもない映画だと思っていましたが、意外と人間ドラマや葛藤が描かれている部分もあってドはまりしてしまいました。。

そこでサガンが自身をハルクになぞらえていたことを思い出し

そうか!自転車レースのトップ選手をアベンジャーズメンバーで例えてみたら、興味ない人たちにも彼らの魅力が伝わるんじゃないか?

と、感度の悪いひらめきを得たのでやってみました。

スポンサーリンク

ハルク:ペーター・サガン

Photo by marvelousRoland on flickr

ハルク。

Embed from Getty Images
サガン。2015-2017年に前人未踏の世界選手権3連覇。ツールではステージ計12勝で、2012年から7年連続ポイント賞。

ソー:マチュー・ファンデルプール

Photo by marvelousRoland on flickr

雷神。

Embed from Getty Images
天才。2014、2019、2020年シクロクロス世界王者。2019年はアムステルゴールドレース優勝。

ロキ:ワウト・ファンアールト

Photo by marvelousRoland on Flickr

ソーの義兄弟であり、友人であり、時に敵でもある。

Embed from Getty Images
マチューの好敵手であり、友人でもある。2016、2017、2018シクロクロス世界王者。昨年はツールでステージ2勝。

キャプテン・アメリカ:ニノ・シューター

Photo by marvelousRoland on flickr

アメリカのレジェンド。特技は良い心を持ち続けることと、みんなを鼓舞することと、あきらめないこと。

Embed from Getty Images
MTB界のレジェンド。アメリカではなくスイス出身。2009年に加え、2012~2019年7年連続MTB XC世界王者。生きる伝説。

ウィンターソルジャー:アレハンドロ・バルベルデ

Photo by AntMan3001 on Flickr

キャプテン・アメリカの親友。壮絶な運命を辿った結果、腕が片方ない。

Embed from Getty Images
40歳の師匠。トップシーンで走り続け、グランツールでステージ計16勝、プロ通算127勝。2018年には念願の世界王者に。百戦錬磨の戦いの結果、髪があまりない。

アイアンマン:フィリップ・ジルベール

Photo by marvelousRoland on flickr

アメリカみんなの頼れるヒーロー。

Embed from Getty Images
ベルギーみんなの頼れるヒーロー。38歳のベテランで、2012年世界王者。2019年は念願のパリルーベ優勝を果たして、ミラノサンレモを除くモニュメント全制覇。

スパイダーマン:レムコ・エヴェネプール

Photo by AntMan3001 on Flickr

みんなの町のヤングヒーロー。高校生。アイアンマンをリスペクトしている。

Embed from Getty Images
ベルギーのヤングヒーロー。20歳。ジルベールをリスペクトしている。2018年ジュニア世界王者、2019年世界選手権TT2位。2019年にはクラシカサンセバスチャンでワールドツアーレース勝利最年少記録を更新。

ファルコン:プリモシュ・ログリッチ

Photo by Marco Sit on Flickr

飛ぶのが得意。

Embed from Getty Images

元スキージャンパーという異例の経歴の持ち主で、遅咲きながらも今最も勢いがあるオールラウンダーの一人。2019年ヴェルタ総合優勝。

キャプテン・マーベル:マリアンヌ・フォス

Photo by David Brat on flickr

最強。いろんな星を救うのに忙しいので、地球には本当のピンチにしか姿を現さない。

Embed from Getty Images
最強。2006,2009-2014年のシクロクロス世界女王であり、2006,2012,2013年のロード世界女王。2008(ポイント)、2011(スクラッチ)年にはトラック世界タイトルも獲得。2019年ジロローザではステージ4勝。まだ33歳。

ブラックウィドウ:アネミエク・ファンフルーテン

Photo by marvelousRoland on flickr

強い。ハルクを手なづける。

Embed from Getty Images

強い。山岳含むコースで無類の強さを発揮。2019年にはジロローザ総合優勝、さらに100km一人逃げを敢行して世界選手権タイトルも獲得。

ヴィジョン:トム・デュムラン

Photo by AntMan3001 on Flickr

AIがインフィニティストーンと融合して誕生した人型ロボット。背が高い。
Embed from Getty Images
TTスペシャリストから進化したオランダ待望のオールラウンダー。背が高い。2017年ジロ総合優勝、TT世界王者。

ピーター・クイル:ジュリアン・アラフィリップ

Photo by Global Panorama on flickr

神と人間の子。歌って踊るのが好き。
Embed from Getty Images
フランスの英雄。歌って踊るのが好き。2019年はミラノサンレモ優勝をはじめ勝利を量産し、ツールでもステージ2勝。あわや総合優勝かと思わせる走りを見せた。

ガモーラ:クロエ・ダイガート

Photo by AntMan3001 on flickr

強い。最強の敵、サノスに娘として育てられた。
Embed from Getty Images
強い。2019年、22歳ながらTT世界女王タイトルを手にし、トラックでは個人追い抜き世界記録を大幅に更新した。

ロケット:カレブ・ユアン

Photo by AntMan3001 on flickr

遺伝子改造により高度な知能を持つ凶暴なアライグマ。ロケット。
Embed from Getty Images
現役小さい系スプリンター最強の一角。ポケットロケット。昨年のツールでステージ3勝と伸び盛り。

グルート:エガン・ベルナル

Photo by AntMan3001 on flickr

木の怪物。基本おっとりしているが、敵をさくっと倒す。
Embed from Getty Images
2019ツール覇者。まだ23歳で顔にはあどけなさも残るが、ツールにさくっと勝つ。

ドラックス:ディラン・フルーネウェーヘン

Photo by AntMan3001 on flickr

ゴツイ。
Embed from Getty Images
現役ゴツイ系スプリンターの中では最強の一角。ゴツイ。ツールでは2017-2019年にかけて4勝と安定した成績。

ブラック・パンサー:クリス・フルーム

Photo by AntMan3001 on Flickr

ワガンダの若き王。ただでさえ強いのに、スーツをつけるともっと強い。

Embed from Getty Images
ケニア生まれの稀代のオールラウンダー。ただでさえ強いのに、スイッチが入るとさらに強い。総合優勝はツール4勝、ヴェルタ2勝、ジロ1勝。グランツールのステージ勝利数は計12にのぼる。

アントマン:ミハウ・クフィアトコフスキ

Photo by AntMan3001 on Flickr

元泥棒で一見さえないが、アベンジャーズの最後の戦いでは一番のキーパーソン。アントマンなくしてアベンジャーズの勝利なしといわれる。
Embed from Getty Images

グランツールではいちアシストだが、2016年世界チャンピオンであり、あらゆるレースで勝てるポテンシャルをもつ。クウィアトなくしてINEOSの勝利なしといわれる。

ワスプ:ポリーヌ・フェランプレヴォ

Photo by Hannaford on Flickr

アントマンより優秀なヒロイン。他のキャラに隠れて目立たないが、相当強い。

Embed from Getty Images
マルチに活躍する自転車選手。マリアンヌ・フォスの影に隠れているが、相当強い。2019年にはMTB XC世界女王に返り咲いた。2014年ロード世界女王であり、2015年にはシクロクロスとMTB XC両方で世界女王になっている。

ホークアイ:トーマス・デヘント

Photo by marvelousRoland on flickr

弓を早く正確に打つという地味な特技しかもたないが、アベンジャーズ入りしており、露出度は他のキャラに引けを取らない。神とモンスターがいなければ敵なしの実力の持ち主。家族を大切にする弓の名手。

Embed from Getty Images
グランツール総合優勝や世界選手権といったタイトルはとっていないが、SNS使いと逃げがうまく、露出度は引けを取らない。2012年ジロで総合表彰台にのっている実力の持ち主。家族を大切にする逃げの名手。

ニック・フューリー:デイブ・ブレイルスフォード

Photo by marvelousRoland on flickr

SHIELDのボス。スキンヘッド。

Embed from Getty Images
INEOSのボス。スキンヘッド。

さいごに

最初は楽しかったのですが、途中から大変でした。ハルク、ソー、ロキくらいまでは「これはいけるぞ!」と思ったものの、キャプテン・アメリカ以降のこじつけ感がすごい。

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます