【デダ vs ヴィジョン】ワールドツアーチーム使用ハンドルメーカーまとめ
Photo by Christian Chrome on Unsplash

ワールドツアーチーム使用ギアのシェアを調べるシリーズ、今回はハンドルです。

フレームメーカーが自社フレームに合うようなハンドルを独自に開発することも多いことから、シェアが分かれる形に。

その中でも多くのチームに供給していたのがデダとヴィジョンでそれぞれ3チームずつ。

同系列のFSAと合わせればヴィジョンがデダエレメティを上回ります。

スポンサーリンク

デダエレメンティ/ Deda Elementi

Embed from Getty Images
AG2Rとロットスーダル、UAEチームエミレーツはデダエレメンティを使用。1992年、ロードバイクに適したスチールチューブを開発した事に起源を発するイタリアのDedacciai社のパーツブランドです。

ヴィジョン / Vision

Embed from Getty Images
バーレーンマクラーレン、コフィディス、EFはFSAと同系列のヴィジョンをハンドルに採用。ユンボヴィスマもステムハンドル一体型タイプはVisionを使用。

エスワークス / S-WORKS

Embed from Getty Images
ボーラ、デュクーニンクはもちろんスペシャライズドのオリジナルパーツを使用。

ウィリエール / Wilier

Embed from Getty Images
アスタナは使用バイクであるウィリエールのオリジナルパーツを使用。

ジャイアント / GIANT

Embed from Getty Images
CCCはジャイアントのオリジナルパーツを使用。

プロ / PRO

Embed from Getty Images
グルパマFDJはPROを使用。シマノがプロデュースする総合パーツメーカーです。

ファクター / Factor

Embed from Getty Images
イスラエル・スタートアップネイションはUK発祥の新興フレームメーカーのオリジナルパーツを使用。

シンクロス / Syncros

Embed from Getty Images
ミッチェルトンスコットはスコットのパーツブランド、シンクロスのハンドルを使用。

キャニオン / Canyon

Embed from Getty Images
モビスターはキャニオン製のオリジナルパーツを使用。

エンヴィ / ENVE

Embed from Getty Images
NTTプロサイクリングはアメリカ生まれのパーツブランド、ENVEのハンドルを使用。

モスト / MOST

Embed from Getty Images
イネオスはピナレロ系列のパーツメーカー、モストを使用。

エフエスエー / FSA

Embed from Getty Images
ユンボビスマはVisionを使ったりFSAを使ったりしていますが、どちらも同じ系統のメーカーです。バーレーンマクラーレンもステムはFSA。

サーヴェロ / Cervelo

Embed from Getty Images
サンウェブは先進的なフレームメーカーであるサーヴェロのオリジナルパーツを使用。

ボントレガー / Bontrager

Embed from Getty Images
トレックセガフレードはトレックのオリジナルパーツを使用。

参考ソース

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます