【2020】おすすめ!プロが使ってるロードバイク・アイウェアメーカー12選
Photo by Glory Cycles on Flickr

開幕戦のツアー・ダウンアンダーでお披露目となったワールドツアー各チームのNEWキットを紹介するシリーズ、アイウェア(サングラス)編です。

スポンサーリンク

100%(ワンハンドレットパーセント

Embed from Getty Images

サガンやマチュー・ファンデルポールなどスター選手にプロダクトを提供することで自転車界でのプレゼンスを確固たるものとした感のあるメーカー(公式HP)。今年はBORAに加え、コフィディスとモビスターも100%を使用します。

その特徴はなんといっても広い視野を確保するビッグレンズといかついフレーム。アメリカ・カルフォルニアに拠点を構えるアイウェアブランドが巻き起こした「でかレンズ」のブームはまだ続きそう。

Glendale、SpeedCraftシリーズ(上写真)、S3シリーズなどが約200USD。

サガンファン、マチューファンなら100%。

AGU(アグー)

Embed from Getty Images
オランダのAGUは今年から新・銀河系軍団のユンボビスマをスポンサード。ウェアと合わせてフルセットのスポンサードでデュムランの飛躍が期待されます。写真のモデルはおそらくVERVE HDII。

BLIZ(ブリズ)

Embed from Getty Images
アスタナチームは各選手別のサングラスを着用している模様なのですが、ご存じボアロはBLIZというスウェーデンメーカーのサングラスを使用(公式HP)。北欧らしい洗練されたデザインです。

Bolle(ボレー)

Embed from Getty Images

AG2Rの多くの選手にサングラスを供給するのが、フランス発の歴史あるブランドbolle(公式HP)。

ミゲル・インデュラインやローラン・ジャラベールなど数多くの選手の活躍を支えてきました。

SHIFTER(約2万円、上写真)、B-ROCK(約2万円)、AEROMAX(約2万円)シリーズ等。

洗練されたフレンチデザインに魅力を感じたら試してみるといいかも。

EKOI(エコイ)

Embed from Getty Images
EKOIは昨年までクイックステップにサングラス提供していましたが、今年はロット・スーダルをスポンサード。

トップモデルのPREMIUM 70(上写真)でも1.2万円程度とリーズナブル。

公式HP見てみると、カラーリングが自由にオーダーできるみたいです。

KOO(クー)

Embed from Getty Images
トレック・セガフレードの選手たちが使用するのは、スカイにヘルメットを供給しているイタリアメーカ、KASKのアイウェアブランドです(公式HP)。

KOOは”KASK OPTICS”が名前の由来のこと。写真のリッチー着用モデルOpen Cubeは2.5万円程度。

クー。もしかしたら流行り始めるかもしれないので憶えておきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます