高くて厚い世界の壁と希望と。苦汁を飲んだチーム日本の未来は明るいか【UCI世界選手権2019】
Photo by Eric TERRADE on Unsplash

コロンビアのジュニア選手のトラブルと来ないチームカー、U23ではまさかの優勝者失格など、感情が沸き立つ場面の多かった今年の世界選手権。

エリート女子ではファンフルーテンが驚愕の100km以上独走勝利、エリート男子は雨のサバイバルで有力選手が続々とリタイア。

本当に色々な盛り上がり方をしました。一方で、日本選手についてはあんまりTwitterでも発信できなかったので記事にしてみました。

スポンサーリンク

チーム日本はどんな成績を収めたのか

まずDNFに終わった新城のコメントから。言葉の節々に無念さがほとばしります。

ブエルタが終わってからも調子は良く、(17位に入った2015年の)リッチモンドでの世界選手権ぐらいの身体のコンディションでした。紙の上では自分向きのコースだったので、それだけに相当悔しいですね。シーズン残りのレースで良い走りをすることも重要ですが、それよりも今日結果を残したかったので悔しい。

でも自分のミスだから悔しがれません。自転車レースを知っていれば、一回ミスして中切れが起こったらいくら力があっても人数のいる集団との差を埋められないのは分かるじゃないですか。そうならないように走るべきなのは分かっているんですが、また経験値を一つ増やすだけの結果になってしまいました。

せっかく4〜5年かけて良いナショナルチームを組んで、意思を統一できている同じメンバーで戦えているだけに、良い形で締めくくれなかったのは残念です。

エリート

Embed from Getty Images
男子ロードレース 新城幸也、中根英登ともにDNF
女子ロードレース 與那嶺恵理:DNF
女子TT 與那嶺恵理:29位

日本で最も世界に近い存在といっても良い與那嶺恵理がロードレースはトラブルでDNF。期待された新城&中根コンビも不発に。

U23

Embed from Getty Images
男子ロードレース 石上優大:32位、今村駿介:112位、松田祥位:DNF
男子TT 松田祥位:38位、今村駿介:45位
女子ロードレース 岩元杏奈:49位

なんといっても石上の第2集団・32位フィニッシュが目を引きます。

ジュニア

Embed from Getty Images
男子ロードレース 山田拓海、津田悠義ともにDNF
男子TT 山田拓海:46位、津田悠義:61位

ジュニアで出場した山田・津田両名はともに悔しい結果に。

海外に飛び出す日本選手たち。新城・別府に続く存在が現れない現状。

Embed from Getty Images

新城幸也、別府史之が欧州のレースシーンに彗星のごとく現れ、「日本人なんて世界じゃ戦えない」という考えを根底から覆してから10年以上の時が経ちました。

それから何人もの選手が毎年海外へと飛び出すようになってきています。一方で、なかなか2人に次ぐ存在というのが現れてこないというのも現状。それは何を意味するのか?ストレートに答えてしまえば「それ”だけ”じゃ勝てる選手にはならないから」。

この20年、数えきれないほどの日本人選手たちが海外でのレース活動を実施してきました。

これらが示しているのは、単に海外で活動しただけでは、ツールで勝てる選手は生み出せないということです。

フルームの師であるブレイルスフォード代表もかつてはロードレースの選手としてフランスで活動していましたが、自分にはプロになる才能がないことを早々に悟り、20代で選手を引退して指導者の道に進みました。

「勝てる才能を持った選手を発掘する作業」こそが、まず最初に取り組まなければならないミッションであることは間違いありません。

いつか必ず我々の目の前に現れるであろう「怪物」を発掘するために、様々な形で「時代を繋いでいる存在(レース開催やチーム運営、そして自らの限界を悟りつつも走り続けている選手たち)」がいることを、頭の片隅に入れておいていただければ幸いです。

注意したいのは、これはあくまで全体論の話ということ。「日本が国として強い選手を発掘して育成するにはどうしたらいいか」という問いに対して、「海外にどんどん人を送り込む」というのは必ずしも正解じゃないよって話です。

だから海外に挑戦してて結果がなかなか出ない選手を叩くのはお門違い。私なら、もし若手選手が海外挑戦のオファー受けて迷ってるなら「行ってみなはれ」とアドバイスします(そんな機会ないけど笑)。間違いなくその経験は、彼/彼女のその後の人生の財産になりますから。

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます