Photo by Pierre Herman on Unsplash
Photo by Pierre Herman on Unsplash

いやーツールが終わりましたね。最高でしたね。

今回のツール、面白すぎてブログ書いてる場合じゃありませんでした。ブログ書かないで純粋に観客やってたほうが楽しい説(言い訳)

で、ベルナルとかコロンビアとかフランスの話書こうかとも思ったのですが、今回はカタめな話をば。

ツール期間中にフワッと出てきてなんとなくおざなりになった話題「NIPPO・ヴィーニファンティーニを運営するフランチェスコ・ペロージGMの会社「STC PRO Srl」の解散に伴うチーム活動の停止」に絡めて、UCI(国際自転車競技連合)の2020年改革についてまとめよう、というのが今回の記事。

 

 解散の理由についてチームマネージャーのフランチェスコ・ペロージは、「UCI (国際自転車競技連合)が進める『2020年改革』に向けて、プロフェッショナルチームは(グランツールに参加できる)より少ない保証にもかかわらず、これまで以上に高額な予算が必要となります。 選手やスタッフの増加、そしておそらく有料となるであろうUCIプロシリーズレースへのアクセスをカバーするために、我々はチームの年間予算として280万ユーロ~450万ユーロを確保しなければならないことになります。 これでは活動を継続することができません」と語った。

たまに「改悪だ!」という主張だけの話は小耳に入ってきても、実際に何がどう変わるのか?なんで変わるのか?について議論されることは少なくて(そんななか大門監督のインタビュー記事は勉強になります)、結局2020年の1月からはじまる新制度とはどんなものなのか?っていうポイントがすっぽり抜けちゃってることは多いのでまとめてみました。

ソースはUCI公式のプレスリリース。ソースは元ネタこれぜったい。

ちなみにこれは男子のみの話で、女子はUCI Women's WorldTourという別の仕組みがあります。これについてもいつか。

スポンサーリンク

変化1:レースのカテゴリーが変わる。

 

以前の記事「【勝ち星ランキング】2018年、一番勝った選手はだれか?」でもちらっと紹介しましたが、現在UCIが定めているロードレースのグレードは、下から『2』、『1』、『HC』、『ワールド・ツアー』 という4段階となっていて、例えば、日本の主だったレースは以下のようなカテゴリーとなります。

ワールド・ツアー
○該当レースなし
HCクラス
○ジャパンカップ
1クラス
○ツアー・オブ・ジャパン
2クラス
○ツール・ド・熊野
○ツール・ド・北海道
○ツール・ド・おきなわ

これが今回は3つにまとまって、①UCIワールドツアー、②UCIプロシリーズ、③UCIコンチネンタルサーキットになります。

①UCIワールドツアー

Embed from Getty Images

まず、ジロ、ツール、ヴェルタの3大ツール(ステージレースのラスボス)は当たり前ですがトップのカテゴリーに。

Embed from Getty Images

また、UCIクラッシクシリーズ(ワンデーレースのラスボス)として、モニュメントを始めとする格式高いワンデーレースもトップのカテゴリーに入ります。

Embed from Getty Images

最後に、それ以外のワールドツアーレベルのレース(ステージレース、ワンデーレースどちらも含む)もこのカテゴリーに入ります。

なぜ同じカテゴリーなのに3つに別れているかというと、それぞれで出場チームや人数が異なってくるからです。これについては記事後半で。

実はワールドツアーに関してはすでにUCIが2020年のカレンダーを公表しており、37レース14ヶ国4大陸で行われる予定。

トルコで行われていたツアー・オブ・ターキーが除外された以外は大きな変化はなし。

②UCIプロシリーズ

Embed from Getty Images

現在のクラス1・HCから、選ばれしレースたちがここに入ってきます。

ツアー・オブ・ジャパンは現在1クラスですが、来年からはどうなるのでしょうか。

③UCIコンチネンタル・サーキット

今まででいう2クラスのレース(ツール・ド・熊野など)を中心に、各レースが大陸ごとにカテゴライズされることとなります。

変化2:チームのタイプが変わる。

 

2020年から変わるポイント2つめは、チームのタイプとその制約。

①UCIワールドツアーチーム

Embed from Getty Images

例)INEOS、ドゥクーニンク・クイックステップなど。

全18チーム(現状と同じ)からなり、選手の数は27-30人。付与されるライセンスの有効期間は3年間。毎年資格審査が課されて昇格・降格があり得ます。

ツールの最終ステージで栗村さんがワールドチームが20チームになるみたいな話をちらっとしていたのですが、たぶん正しくは18?(※)

※8/3追記:
詳しく調べたところ、cyclingnewsの4月の記事(今回の記事ソースは2018年12月)で20になるというものがありました。その記事によると1月31日に行われたProfessional Cycling Councilにてルール改定が決定されたんだとか。
その理由としては…18のままだとワールドチームから落選するチームが出てくる⇨そうしたチームは「ツール絶対出場できるから」とスポンサーをつけてたのに約束が守れなくなってしまう⇨スポンサー撤退&チーム崩壊のリスク発生⇨チームがUCIに法的措置を取るかもしれない(怒ってる理由は、チーム選定基準が「過去3年間の成績による」ということになりそうで、詳しい基準知ってたらちゃんと考えてレースしたわ、後出しジャンケンじゃないか、ということ)⇨UCIはできればそんな争いは避けたい(改革する、って言ってたのが遅れるのはダサいから)⇨とりあえず今いるワールドチームに関しては2022年まではライセンス持てるようなルールにしとくことで妥協⇨3年後の2022年からは晴れて18チームに戻す。
オフィシャルになってないような話ではあるんですが、改変されたルールブックをちゃんと読むとわかるらしいです。UCIからのプレスは出ておらず、そこまで調べきれてません。正しい情報掴むのはムズカシイですね。でも冷静に「来年のワールドチーム20だよーっ」てこの時点になってもオフィシャルに言わないって不思議ですよね。個人的には、たぶんまだ18にするか20にするかで揉めてるんじゃないかと。議論揉めがち、大組織あるある。

②UCIプロチーム(現在のUCIプロコンチネンタルチーム)

Embed from Getty Images

例)アンドローニ・ジョカトーレ、ワンティ、コフィディスなど。

チーム数に制限はない。選手の数は20-30人。

現在25あるUCIプロコンチネンタルチームは最低人数が16人でしたから、1チームあたりの人数が多くなることになります。

③UCIコンチネンタルチーム

Embed from Getty Images
例)UKYO、マトリックス、インタープロなど。

同じくチーム数に制限はない。選手の数は10-16人。

現在、世界中に172のチームがあります。そのうち日本国籍のチームは9つで全体数172のうち5%くらいですから、意外と多いなという印象。

どのチームがUCIワールドツアーに出れるのさ

スポンサーにとって何より大事なのが「できるだけでっかい(注目度が高い)レース」に出場できること。

じゃあどのチームがどのレースに出れるのか?出なきゃいけないのか?が気になるところですね。

Grand Tours(ステージレースのキングofキング。ジロ、ツール、ヴェルタ)

Embed from Getty Images

1チーム8人で、22チームが出場予定

18のUCIワールドチーム(マスト)

+2のUCIプロチーム(前期のランキング上位の2つ。辞退された場合には違うチームを招待)

+2のUCIプロチーム(いわゆるワイルドカード。もし上記のプロチームが辞退すればここの数が増える)

例えば今年のツールは18のUCIワールドチームが自動的に、そして4のプロコンチネンタルチームがワイルドカードで出場しました。ただ、ツールの場合は今年ワンティとコフィディスというヨーロッパ・ツアーのランキング1位と2位が選ばれており、実情としても来年からの選出基準に沿った形に。

UCI Classics Series(ワンデーレースのキングofキング。パリルーベなど)

Embed from Getty Images
1チーム7人で、21〜25チームが出場予定

18のUCIワールドチーム(必ず出場もしくは必ず招待。どちらとなるかは、現状による)

+3のUCIプロチーム(前期トップ3チームを必ず招待。必ず出場、とはなっていないから辞退可能のはず)

+0-4のUCIプロチーム(主催者選定によるワイルドカード)

現状としては、例えばパリ〜ルーベは全18のワールドツアーチームに加えてワイルドカード枠は以下の7つ。

  1. Cofidis(フランス)
  2. Team Delko Marseille Provence(フランス)
  3. Team Direct Energie(フランス)
  4. Team Arkéa Samsic(フランス)
  5. VITAL CONCEPT – B&B HOTELS(フランス)
  6. Roompot – Charles Cycling Team(オランダ)
  7. Wanty-Gobert Cycling Team(ベルギー)

が今年は選ばれており、もし前年チームランキング上位3つが出場ということになれば、イタリアのアンドローニ・ジョカトーレも出ることとなります。ただ辞退可能なので、出場しなくても大丈夫。

その他のUCIワールドツアー・ステージレース(でっかいステージレース。パリニースなど)

1チーム7人で、20〜25チームが出場予定

18のUCIワールドチーム(必ず出場もしくは必ず招待。どちらとなるかは、現状による)

+2のUCIプロチーム(前期トップ3チームを必ず招待。必ず出場、とはなっていないから辞退可能のはず)

+0-5のUCIプロチーム(主催者選定によるワイルドカード)

現状だと例えばパリ〜ニースの出場チームはUCIプロツアーの18チームに加えてアルケア、コフィディス、ディレクトエナジー、ヴィタルコンセプト、デルコマルセイユの5チームで全部がフランス。

その他のUCIワールドツアー・ワンデーレース(でっかいワンデーレース。ライドロンドンなど)

UCI Classic Seriesと全く同じ基準です。

1チーム7人で、21〜25チームが出場予定

18のUCIワールドチーム(必ず出場もしくは必ず招待。どちらとなるかは、現状による)

+3のUCIプロチーム(前期トップ3チームを必ず招待。必ず出場、とはなっていないから辞退可能のはず)

+0-4のUCIプロチーム(主催者選定によるワイルドカード)

現状だと、例えばライドロンドンの出場チームは

16のワールドツアーチーム(カチューシャ、ボーラ、バーレーン・メリダ、ロットエネルユンボ、AG2R、UAE、アスタナ、BMC、EF、ロットスーダル、ミッチェルトン、ディメンションデータ、サンウェブ、スカイ、クイックステップ、トレック)

+4のプロコンチネンタルチーム(Sport Vlaanderen、CCC、バルディアーニCSF、ノヴォノルディスク)

となっており、ワールドツアーチームのモビスターとグルパマFDJは出ていません。

2020バージョンだと「必ず出場」ではなく「必ず招待」レベルの大会にカテゴライズされるのでしょう。そもそも現状でもワールドツアーのレースは全部ワールドツアー18チーム出てると思ったのですが、実は違って意外と柔軟ということが判明。

変化3:ランキングが変わる。

 

これは実は2019年からすでに運用開始済み。最新のランキングは公式HPをチェック

UCIワールドツアーランキング(ワールドツアーだけを対象としたランキング)が廃止され、2016年に導入されたUCIワールドランキングが唯一の国際的ランキングになりました。現時点(2019/7/30)の個人ランキングは以下の通りで、チーム編、国篇が存在します。

  1. アラフィリップ
  2. バルベルデ
  3. フグルサング
  4. ピノ
  5. ログリッチェ
  6. ベルナル

大陸ごとにも同じく個人ランキング、チームランキング、国ランキングがあります。現時点でのアジアの個人ランキング1位は、アスタナのルツェンコ。増田、別府が5位、6位。

最後に

なるほど。事実はわかった。

で、結局どういうことだよ、チームはどうすれば良いんだよ、なんでNIPPO・ヴィーニファンティーニの運営会社は解散したんだよ、ファンはどうすればいいんだよ、という話は次の記事で。

ファンからみたら、選手からみたら、チーム運営からみたら、レース主催者からみたら、UCIからみたら、、、この変化は何をもたらすのか?について考えてみます。物事にはいろんな目線があって、それぞれに各々の思いがあり…。そんな思いを勝手に想像していこうかなと。

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます