残念なニュースが飛び込んできました。

バルベルデに続き、ベルナルのジロ欠場が発覚。

若き王者の誕生を期待していたいちファンにとっては残念でありません。

スポンサーリンク

いきさつ

エガン・ベルナルが土曜日のトレーニングライドでの落車に起因する鎖骨骨折により2019年のジロを欠場することとなった。

22歳のコロンビアの若者は、生まれ故郷であるコロンビアから、トレーニングの拠点としていたアンドラに戻りジロへの最終調整を続けていたところだった。

ベルナルは今年もシーズン序盤から快進撃を続けており(パリ〜ニース総合優勝、カタルーニャ一周総合3位など)、イネオスが新スポンサーについてから初のグランツール・リーダーとしてジロを走ることになっていた。

コロンビアのジャーナリストによりベルナルが病院に運ばれている様子がTweetされている。

チームメイトのGトーマスとフルームはツール・ド・フランスを走ることになっている。もしかしたらベルナルもその布陣に加わる事となるのかもしれない。昨年モビスターが狙って話題を呼んだ「3エース体制(キンタナ+バルベルデ+ランダ)」をツールで見ることになるのか。

ひとこと

しつこいようだけど残念。。。リラックスした笑顔だけが救いですね。

でもまだまだ若い。この悔しさをバネに一回り大きくなってほしいです。

参考ソース

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます