「生まれながらの勝者」マチュー・ファンデルプールはサガンを超える逸材かもしれない
Photo by Flowizm ...on Flickr

「今シーズン1番のラスト1km」との呼び声高いアムステル・ゴールドレースの逆転劇。

マチュー・ファンデルプールについてまとめました。

シクロクロスを見てない人からしたら「だれ?」という感じかもしれないこの男。紛れもなく、正真正銘のスーパースターなんです。

身長1.84m、体重75kg、FTP400W。年齢は24歳。

ベルギーに生まれ育った、オランダ国籍の若きサラブレッドの秘密を探るため1年前のCyclingTipsの記事をもとに書いてみました。

スポンサーリンク

若きファンデルプールのある1週間。

ファンデルプールの強さを物語る語りぐさがある。

今から2年前、2017年5月のある1週間のこと。

5月21日(日)、チェコで開催されたUCI XCO世界選手権に出場し、90番手からスタートして8位まで番手をあげてフィニッシュ。出走番手が最終順位に大きく影響するMTBのレースにおいて、これは目を見張るリザルトである。

5月24日(木)、ベルギーのUCI 2.HCクラスのステージレース、Belgium Tourに出場。第2ステージでは逃げを成功させ、ジルベールを破って優勝。その後XCOワールドカップ出場のためBelgium Tourを途中で去ったマチューはドイツに向かう。
Embed from Getty Images

5月28日(日)、ドイツで行われたXCOワールドカップにてMTB界の絶対王者ニノ・シューターに次ぐ2位。ニノ・シューターをして「ファンデルプールとレースをしたのは初めてだったが、本当に難しい相手だった」と言わしめたのだ。ちなみに2017年シーズンのXCOワールドカップシリーズ全6戦その全てをニノ・シューターは手中に収めている。

そして忘れてはいけないのは、マチュー・ファンデルプールはこのときまだ22歳だったということだ。

しかも、MTBもロードレースも専門ではなかった。あくまで当時の専門はシクロクロスだったのだ。

サラブレッド一家の「生まれながらの勝者」

あまり知られていないかもしれないが、マチュー・ファンデルプールは自転車一家に生まれている。

サラブレッドなのである。

父アドリ・ファンデルプールは、ロンド、リエージュ~バストーニュ~リエージュ、アムステル・ゴールドレース、クラシカサンセバスチャンといった大きなクラシックレースを制したことがある一流のロードレーサーだった。世界選手権ロードでも銀メダルを獲得しており、キャリア後半にはシクロクロスにも挑戦し1996年には世界チャンピオンになっている。

一家の系譜はそれだけでは終わらない。

祖父はなんと、フランスの伝説的自転車選手レイモンド・プリドール。

ヴェルタ総合優勝の経験を持ち、ツールでは8回表彰台に登っている。ミラノ〜サンレモやフレシュ・ワロンヌでも勝利。世界選手権でも表彰台に4度登ったものの、遂に一度もマイヨ・ジョーヌもアルカンシェルも着ることができなかった。つけられたあだ名は「永遠の2番手(Eternal Second)」
Embed from Getty Images

プリドールの妻は娘2人に「自転車選手とは絶対に結婚するな」とアドバイスしていたが、そのうちの一人Corinneはナイトクラブでアドリに出会い、お互い一目惚れで付き合うことになる。「自転車選手とは知らなかった」らしい。

そして2人は2年後に結婚。

そこで生まれたのが兄デービッド、弟マチューなのである。

ヴァンデルポール兄弟の最強伝説

Embed from Getty Images
(今でも兄弟で表彰台に乗ることもある。右が兄デービッド。中央がマシュー。)

自転車一家に生まれたファンデルプール兄弟はシクロクロス界を席巻。

兄デイビッドは2009-2010シーズンに30レースを走って25勝。ジュニアワールドカップシリーズの年間王者に輝く。

2016年の世界選手権では6位でフィニッシュしており、今も最前線でレース活動を続ける兄は若い頃から弟の才能に気づいていた。

マチューは2012-2013シーズンのジュニアワールドカップシリーズで32レースを走ってその全てに勝利。2012年・2013年に2年連続でシクロクロスのジュニア世界選手権優勝、2013年にはロードのジュニア世界選手権も手中に収めたのである。
Embed from Getty Images
(ロード世界選手権でも優勝)

“Mathieu had all the skills, everything was a big playground for him,” David told NRC Handelsblad last year. “He was more daring, he was more graceful, and he could always climb faster than me.”

(拙訳)マチューは全てのスキルを兼ね備えていた。全部が彼にとっては遊び場だったんだ。彼は僕より大胆で、優雅で、そしていつも僕より速く上りを駆け上っていた。

マチューはその後もスターダムを駆け上り、2015年には若干20歳でエリートのシクロクロス世界選手権を制し、今年2019年には2度目のタイトルを手にしている。

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます