Photo by Simon Connellan on Unsplash
Photo by Simon Connellan on Unsplash

2020年版を新たにつくりました↓

季節は厳冬。どうしても出不精になるこの季節。

そんなときは、ネットサーフィンで欲しいものリストを作りましょう。

開幕戦のツアー・ダウンアンダーでお披露目となった各チームのNEWキットを紹介するシリーズ、第3弾はアイウェア(サングラス)編です。

どうやらアイウェアに関しては、チーム単位でスポンサー契約をしているところもあれば、個人でスポンサー契約している選手もいたりと様々。

スポンサーリンク

100%(ワンハンドレットパーセント

Embed from Getty Images

BORA-hansgroheのオフィシャルサプライヤー。UAEのガビリアもこの100%を使用している模様です。

スプリンターなら100%。そういうことでしょうか。

その特徴はなんといっても広い視野を確保するビッグレンズと、サガンにお似合いのいかついフレーム。

SpeedCraftシリーズS3シリーズともに約200USD

アメリカ・カルフォルニアに拠点を構えるアイウェアブランドが巻き起こした「でかレンズ」のブームはいつまで続くのか、なんとなく注目していきたいです。

新しいもの好き、サガンファンなら100%。

Bolle(ボレー)

Embed from Getty Images

AG2Rの多くの選手にサングラスを供給するのが、フランス発の歴史あるブランドbolle。

ミゲル・インデュラインやローラン・ジャラベールなど数多くの選手の活躍を支えてきました。写真はちょっと昆虫感でちゃってますが、度付きでしょうか。

SHIFTER(約2万円、写真)、B-ROCK(約2万円)、AEROMAX(約2万円)シリーズ等。

洗練されたフレンチデザインに魅力を感じたら試してみるといいかも。

EKOI(ウコイ)

Embed from Getty Images

EKOIは最強チーム、ドゥクーニンク・クイックステップにアイウェアを供給しています。UAEのクリストフなど、他にも一部使っている選手がいる模様。

トップモデルのPERSO EVO 9(写真)でも1.2万円程度とリーズナブル。

公式HP見てみると、カラーリングが自由にオーダーできるみたいです。

KOO(クー)

Embed from Getty Images

トレック・セガフレードの選手たちが使用するのは、スカイにヘルメットを供給しているイタリアメーカ、KASKのアイウェアブランドです。

KOOは”KASK OPTICS”が名前の由来のこと。写真のモデルOpen Cubeは2.5万円程度。

クー。もしかしたら流行り始めるかもしれないので憶えておきましょう。

Oakley(オークリー)

Embed from Getty Images

アスタナ、カチューシャ、モビスター、CCC、グルパマFDJ、ディメンション・データ、スカイ、サンウェブ、UAE…

プロツアーチームの殆どの選手が使っているアイウェア界の王者、それがOakleyです。

オークリーかけとけば、どんな顔だろうが格好良く見えることから、一部のサイクリストの間では「オークリー補正」と呼ばれていました。未だにそのカッコよさは健在。誰かとカブっていても全然恥ずかしくない、むしろ仲間意識が芽生えるのがこのOakleyというブランド。

Jawbreaker(写真先頭)、Radar EV(写真先頭から2,3番目)といった定番はもちろん、Flight Jacket(写真先頭から4番目)、Sutroといったビッググラスデザインも欲しくなります。定価はいずれも3万円程度ですが、デザインやモデルによってかなり値段にバラつきがあります。Wiggle等では定期的にセールをやってるのでお見逃しなく。

王道好きならこれで間違いなし。

スポンサーリンク

Twitterでもタイムリーにつぶやいてます